椎間板ヘルニアがなかなか治らないなら!起き上がるのも辛い椎間板ヘルニア・頚椎ヘルニア・腰椎ヘルニア・肩こり・腰痛・首の痛みもこれで解消!-手術・注射・薬に頼らずにヘルニアを改善するにはこれです。

椎間板ヘルニア原因

手術・注射・薬に頼らずにヘルニアを改善する

今野式ヘルニア改善エクササイズ

>> 椎間板ヘルニアを改善する


椎間板ヘルニアの原因

ヘルニアとは、『飛び出す』という意味です。椎間板ヘルニアは文字通り、中身である髄核が飛び出してしまう症状。20歳代からすでに始まる椎間板の加齢的変化や、不良姿勢などの背骨のかかる負荷の積み重ねにより線維輪が膨らんだり、亀裂が生じて中身である髄核が外にはみ出します。この結果、脊髄や神経根を圧迫して症状があらわれます。

中腰で重いものを持ったり運んだり、腰を強くひねったり長時間の座り仕事や運動など背骨に負担をかけたりと、これらの動作を繰り返すことで椎間板ヘルニアになることが多い。さらに加齢とともにカルシウム不足が骨粗しょう症や骨の変形を引き起こし、ちょっとした衝撃で骨が欠け、椎間板を潰してしまうこともあります。

椎間板には体重や体感筋力により常時圧力が加わっていて、繊維輪がその圧に抗する事ができなくなり破断すると髄核が突出します。破断の原因は外因性のものとして強い外力、繰り返す軽微な外力があり、内因性のものとして椎間板の変性。すなわち繊維輪の脆弱化、是う威嚇の水分減少がある。亜急性発症が多いが重量物を持ち上げた時やクシャミをした時に、突然発症することや慢性的に発症することもある。発症年齢としては、椎間板の変性が進み始める20・30歳代が多い。


頚椎の椎間板ヘルニア

頚椎の椎間板ヘルニアは、首の老化が原因で40代以降の人に多く発祥します。老化というのは具体的にいうと、髄核の水分がだんだん抜けてくる現象のことをいう。首の老化は20歳以降で起きてきますが、頚椎椎間板ヘルニアの症状が現れてくるのは40代・50代以降の方が多いです。スポーツや交通事故などで鞭打ちになることから発祥することもあります。頚椎椎間板ヘルニアは、腰椎椎間板ヘルニアと同じ原因で起こることも多いのですが、首という特殊な部分による原因もあります。


加齢によるヘルニア

椎間板というのは、人間体の中でもかなり早いうちから老化が始まる部分です。老化した椎間板は水分が減り弾力性がなくなるので、衝撃や運動に弱くなってしまいます。内的要因の頚椎椎間板ヘルニアの主な原因になり、そのその証拠に40代を境に発生率がグンと上がってきます。これに骨粗鬆症など、もともと骨がもろくなっている人であればさらに発症率が上がります。


外的要因によるヘルニア

細かい首に、重い頭を抱えている頚椎ではヘルニアの原因の上位にきます。この際、キズそのものは大きい必要はなく、小さなキズが時間をかけて悪化してくるパターンと、急激な力を加えられたために急性の症状をおこすヘルニアがある。よく聞く『鞭打ち』も頚椎椎間板ヘルニアの原因または遠因になりやすいものです。




a:837 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional