椎間板ヘルニアがなかなか治らないなら!起き上がるのも辛い椎間板ヘルニア・頚椎ヘルニア・腰椎ヘルニア・肩こり・腰痛・首の痛みもこれで解消!-手術・注射・薬に頼らずにヘルニアを改善するにはこれです。

椎間板ヘルニア治療

手術・注射・薬に頼らずにヘルニアを改善する

今野式ヘルニア改善エクササイズ

>> 椎間板ヘルニアを改善する


椎間板ヘルニア治療

  • 代表的な主義治療法
  • 整形外科
  • 鍼灸
  • カイロプラクティック
  • 接骨/整骨
  • 整体

その他に、保存治療や食事治療などもある。


  • 治療,保存治療
  • 安静
  • コルセット
  • 薬物治療
  • ブロック注射
  • 理学療法

※急性期は冷やし、痛み等がある程度ひいて慢性期になったら温めるのが良いです。人によって治療の方法は違うけど、自分に合った治療を行いましょう!


腰椎椎間板ヘルニア治療

腰椎椎間板ヘルニアの治療は、保存治療といわれる温熱治療や牽引治療、電気治療や鎮痛剤などの薬物治療で行われる。手術をしなくても70~90%の人の症状は良くなっています。手術が必要なのは、痛みが数ヶ月経っても治らなかったり、尿や便が出ないなどの膀胱直腸障害や麻痺がみられたりする場合に限られる。

または、症状が少なくなっても仕事に支障をきたすために手術を受けるといったケースもある。手術によりヘルニアを摘出し神経の圧迫が取り除かれれば、比較的痛みは治りますが多くの場合、時間が経過することのより縮小したり消失したりすることが認められている。ですから、緊急に手術を必要とする場合以外は、保存治療で自己治癒力により症状の経過をみることになる。いずれにしても、専門医とよく相談しながら治療法を選択しましょう!

  • 保存治療
  • 急性期(激痛の時)

◇安静→痛みが強い時は、最も良い治療法

◇鎮痛剤(内服,座薬)・筋弛緩剤・ステロイド剤

◇注射→仙骨硬膜外ブロック・選択的神経ブロック・椎間板内ステロイド注射

◇コルセット→痛みで立つこともままならない時はコルセットを装着
腹腔内圧が高まり、体幹を維持できる


  • 亜急性期・慢性期(我慢できる痛み)

◇コルセット→痛みが強い時だけ付けるのが正しい使い方

◇運動治療→ウォーキング・ストレッチ・筋力訓練・水中歩行

腰に負担のかからない泳法

◇物理治療→牽引治療・温熱治療・水治治療

◇鎮痛剤→痛みが強い時

※水中歩行運動

腰痛への負担は軽いながらも、水の抵抗に逆らって歩くことで筋肉強化を図る。浅い所では体の負担は軽くなり、深くなるほど負担がかかります。自分に合った抵抗負荷のある水深を選びましょう

腹式呼吸をすることで腹筋を意識して歩きます
(口から息を吐きながらお腹を引っ込めるように^^)

膝を高く持ち上げるようなイメージで足を上げて、踵から下ろし体重を踵から床にしっかり伝えます!


頚椎椎間板ヘルニア治療

  • 病院での一般的な治療法

痛みが進行している場合や強い場合は、安静にすること。

基本的には炎症鎮痛剤・湿布、必要に応じてカラーなどの装具治療や牽引治療法など保存治療で進める。

症状が軽い場合は通院して治療を進めますが、症状の適度によってはヘルニアの摘出、椎骨の固定などの手術が必要になることもある。

  • 保存治療
  • 安静にする
  • 投薬治療
  • 理学治療
  • 症状が改善しない場合

これらの治療で症状が改善しない場合は、手術を考える必要があります。手術では、神経を圧迫している原因になっているヘルニアを除去する。通常は頚椎の前側からヘルニアを除去するので、椎間板が部分的になくなります。この空洞になった部分は骨を移植して固定する。移植骨は腸骨(骨盤の骨でベルトのかかる部分)から採取する。




a:896 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional